こんばんは、温泉大好き、ホットスパー滝川@マネテク!です。

っていうか、ホットスパーって完全に北関東でよく見かけたコンビニじゃないですか!
でもあちらはSPARですから、違いますね(笑)。

(参考リンク)
・ホットスパー (コンビニエンスストア) – Wikipedia

というわけで、北海道は豊富温泉にある、川島旅館に行ってきました。

IMG_2830

アトピーに効くことで有名な豊富温泉

豊富温泉と言えば、アトピー性皮膚炎の人には知られた有名な湯治場だそうです。
うちの妻もアトピー性皮膚炎持ちなのですが、ふるさと納税で豊富町から送られてきた温泉水とか毎日愛用していました。

意外と宿が少ない

そんな、お湯には定評のある豊富温泉ですが、いかんせん場所が辺鄙なせいか(稚内のちょっと南です)、宿が少ないです。
いや、いくつかはあるのですが、わりと歴史の長い宿が多く、しかも空きがなかったりします。

シャレオツな川島旅館

そんな中、唯一、今風のおしゃれな旅館、それが川島旅館です。

IMG_2829

宿自体は歴史のある旅館のようなのですが、最近リニューアルされたばかりのようで、外観も内装もめちゃくちゃおしゃれです。
シンプルで気持ちいい、という感じ。
2か月前には予約でほぼ一杯だったので、二部屋に分かれて宿泊しました。

LRG_DSC01124

客室は前述の通りシンプルで非常に気持ちのよい部屋でした。
廊下もそうなんですが、床は無垢のフローリングっていうんですかね。
裸足で歩くのが気持ちのよい床です。

LRG_DSC01125

調度品も、シンプルというかミニマムな感じで、個人的にはすごくよかったです。

IMG_2898

お風呂は豊富温泉そのもの

お風呂のお湯はもちろん豊富温泉そのもので、絶妙な湯加減でぬる目の浴槽があったので、完全にエンドレス入浴が可能な状態でした。

ちなみに翌日、すぐ目の前にあるふれあいセンターという町営の湯治場にも行ったのですが、お湯の質という意味では変わらないと感じました。
ちなみにちなみに、ふれあいセンターはガチの湯治の人用のお風呂(長く入れるようぬる目らしい)と、普通に入浴する用のお風呂があり、私が入ったのは普通の入浴用のお風呂です。

こだわりの食事がかなりいい!

夕飯は漁師の店で食べたかったので川島旅館では頼まなかったのですが、朝ご飯はバッチリいただきました。

IMG_2899

この朝ご飯が、個人的には近年で一番のヒットでした。
いわゆる旅館の朝ご飯、というスタイルの範疇で、質にこだわった料理を出してくれる、という感じで、どの料理もおいしかったです。

IMG_2900

そしてバターが提供されていて、ご飯にかけたり、頼むとトーストして持ってきてくれる自家製パン(おいしい!)に塗って食べたり、楽しませて頂きました。
わりとバイキング的な感じで品数勝負!な朝ご飯に慣れているところもあったので、この朝ご飯は嬉しかったです。

まとめ:のんびり再訪したい宿

というわけで川島旅館ですが、ぜひ次回は夕飯もいただいて、できれば2泊くらいはしてのんびりしたいですね。
子連れだとなかなかキツいかもしれませんが…。

今日のマネテクポイント

ちなみに泊まった部屋から見えるところに子牛が一頭飼われていて、子どもたちが喜んで遊んでもらっていました(笑)。