こんばんは、グリーン車大好き、グリーン滝川@マネテク!です。

実は最近よく実家に帰省するため、在来線のグリーン車に乗っています。
在来線のグリーン車は、首都圏エリアでは東海道線、横須賀線、湘南新宿、宇都宮線、高崎線、常磐線そして上野東京ラインの普通列車にグリーン車が連結されています。

これら在来線のグリーン車は非常に快適なのですが、電車を乗り継ぐ場合のグリーン券についてちょっと疑問に思ったので調べてみました。

単純に2本の電車を乗り継ぐパターン

目的地が各駅停車しか停まらない駅だった場合など、途中まで快速で行って各駅停車に乗り換えるケースです。

2本の列車のグリーン車を乗り継ぐわけですが、グリーン券を2枚(2回)買う必要はありません。
乗車、というか着席時にグリーン券情報が記録されたSuicaを座席上部のSuicaマークにタッチしますが、1本目の列車を降りる前にもう一度タッチし、2本目の列車に乗った際に再度タッチすればオーケーです。

私自身も、過去に小田原に行った時に、東海道線の快速で横浜まで帰って来て、横須賀線に乗り換えて新川崎へ、というケースを経験したことがあります。

で、今回ちょっと悩んだのが、路線が違う場合です。

通常と異なる経路で乗り継ぐパターン

普段実家(栃木県)に帰省する際は、最寄りの新川崎から湘南新宿ラインに乗って乗り換えなしで帰省しています。
しかし、先日は朝が早過ぎて湘南新宿ラインが動いていない時間でした(笑)。
なので、横須賀線で品川に出て、品川から上野東京ラインで栃木県を目指すことになりました。

つまり、通常と違う経路で乗車するようなケースでも、同じように1枚のグリーン券で目的地まで乗車できるのか、ということです。
品川で電車を乗り換えたらグリーン車に乗れなかった!というようなことがあったら悲しいと思ったわけです。
結論を言うと、全く問題ありませんでした。
まぁ、そうですよね…。

というわけで、同じ不安を持っていた方、安心して下さい、1枚で大丈夫ですよ(笑)。