こんばんは、ギャラクシー大好き、ギャラクシー滝川@マネテク!|ANAマイルの貯め方です。
ギャランドゥ!

…というわけで、ANAが今年も羽田~那覇の深夜便、「ギャラクシーフライト」を運航するそうです。

ちなみに昨日、宮古島行きの特典航空券を予約しました。
少し早めの夏休みで3年ぶりくらいの宮古島を満喫してきたいと思います。
待ってろよ与那覇前浜!待ってろよヤマダ電機!※過去記事参照。

(過去記事)
・宮古島旅行記(1):マネテク!

anaギャラクシーフライト@ANAマイルの貯め方

ANAギャラクシーフライトのポイント

ANAギャラクシーフライトのポイントを(勝手に)まとめてみました。

期間はいわゆる「夏休み期間」

ANAのギャラクシーフライト運航期間は、2015年7月17日~2015年8月30日ということでいわゆる夏休み期間の運航、ということになります。

路線は昨年に引き続き羽田~那覇

昨年に引き続いて、羽田~那覇の1路線のみの設定となります。

若者を中心に、深夜便で宿代を浮かしたい!という人は結構多いような気もしますので、他の路線でもニーズは多そうですが、今後に期待したいですね。

ギャラクシーフライトのダイヤ

羽田発が22:55で那覇着が1:30、折り返しの那覇発が3:30初で羽田着が5:50というダイヤです。

那覇→羽田であれば5:50にはもう電車も動いていますが、那覇空港に1:30に着いたらなかなかどうしたらいいのか分からなそうです。
とりあえずタクシーでステーキ食いに行っておけばいいんですかね(笑)。

昨年との違い

昨年は、「沖縄貨物ハブ」の貨物便として深夜に羽田~沖縄を運航していた旅客機の座席の一部を利用して深夜便「ANAギャラクシーフライト」を設定していました。
ちなみに、利用率はなんと9割を超えたそうです!

これに対し、今年は「ANAギャラクシーフライト」専用に旅客機を運航するため、販売座席数が大幅に拡大しています。
また、昨年の「ANAギャラクシーフライト」にはなかったプレミアムクラスが設定されたり、スキップサービスが使えるようになったりと利便性が向上しています。

実は沖縄の人に便利なのかも

沖縄の人は、未明に那覇を出て早朝に東京に到着して観光を楽しんだり、羽田から乗り継いで国内外に移動したり、という使い方もできそうです。
また、東京で目一杯遊んで沖縄に帰る、という利用にも適しているように思います。

もちろん東京から沖縄に行く人にも便利ですが、実は沖縄の人にこそ利用価値があるのかもしれないですね。

(参考リンク)
・今年も「ANAギャラクシーフライト」を運航します!|プレスリリース|企業情報|ANA
・今年はますます便利に!夏の東京-沖縄間 深夜便が運航開始!│航空券│ANA国内線