こんばんは、国際線大好き、
インターナショナル滝川@マネテク!|ANAマイルの貯め方です。

国際線って、いつも出発前にパスポートを忘れてないか、
ドキドキしますよね!って私だけですか(笑)?

というわけで、ANAの国際線インターネット予約機能が
4月から変更になる、という話です。

2015/4/12からの変更点

この変更、そもそもは4月にANAのWebサイト自体が
リニューアルされることの一環としての変更のようです。

というわけで、2015/4/12からの変更点についてまとめておきたいと思います。

発券後の変更がインターネットから可能に

そもそも変更不可のチケットの場合は
インターネットだろうが電話だろうが変更はできないわけなので、
変更可能なチケットであればインターネットからも変更が可能になる、
ということだと思います。
これは便利になりますね。

そのうち、インターネットで変更すれば変更手数料無料、電話だと有料、
みたいな流れになるような気がします。

通貨、言語の切り替えが可能に

これまでは、出発国の言語、通貨に固定されていたため、
北米発の旅程を申し込むと英語、米ドル建てとなっていましたが、
日本語、日本円建てでの海外発旅程申込も選択可能になります。

1か月の運賃をまとめて検索する「運賃カレンダー」が廃止に

普通に便利機能だと思うのですが、なんで廃止なんですかね?
ちなみに前後3日のあのテーブル状の運賃マトリクス(今命名)は
引き続き提供されるようです。

1週間の空席をまとめて表示する「特典カレンダー」が廃止に

こちらも普通に便利機能だと思うのですが、廃止だそうです。
また、こちらも前後3日の組み合わせ比較は引き続き可能とのことです。

電話やカウンターで手続した予約のインターネット発券、変更が不可に

基本的にはインターネットで予約→インターネットで発券、変更、
という流れになる、ということだと思います。

インターネットに寄って行く流れ

全体的に見れば、やはりインターネットに寄って行く、
という流れは避けられない、という印象です。

ただ、やはりインターネットは間口が広い分汎用的、
かつ限定的(日本語って難しいですね(笑))なことしかできないでしょうから、
定型化するメリットのないレアなケースでは電話でお世話になる、
という感じかと思います。

いずれにしても、ANAのWebサイトリニューアルは楽しみですね!

(参考リンク)
・2015年4月以降の国際線インターネット予約機能の変更にともなうお知らせ|ANA国際線