こんばんは、実は1歳児の子供がいるパパ滝川
@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

さて、子連れ旅行での悩みの一つとして、子供が飛行機でおとなしくしていられるか、
というものがあると思います。

飛行機でぐずってしまっている子供はちょくちょく遭遇しますし、
うちの子供も一度泣き止まず、困ったことがありました。

その時はビジネスクラスだったにも関わらず、
観光路線だったためか周囲の方が非常にやさしくて助かったのですが、
インターネットでいろいろと調べてみると、世間一般では
「子供を連れてビジネスクラスに乗るのは非常識」、と考える方や、
「ビジネスだろうがエコノミーだろうが、そもそも騒ぐ可能性がある子供を
周囲の人に迷惑がかかる可能性がある公共の場所に連れてくること自体非常識」
と考える方も多いようです。

個人的には、泣いている子供を放置しているのではなく、
頑張ってあやしているにも関わらず泣いてしまっているのであれば、
あまり気にならないですが、そうは言っても周囲の目は気になります。

そんなわけで、いろいろと調べている間に機内で子供を眠らせる方法、
というのを目にしましたので、紹介したいと思います。

↓子供をおとなしくさせるのによいかも、と思って購入検討中です…。


元ネタはこちらのYahoo!知恵袋の回答からです。

・【幼児連れでビジネスクラス】は、非常識なんですか? – Yahoo!知恵袋

余談ですが駐在員仲間で知られていた「機内で子供を眠らせる方法」を
書いておきますね。

前日からの仕込が大事です。
前日は外で遊ばせて体力を消耗させます。
そして夜遅くに寝かせて朝は早めに起こします。

朝ご飯は軽くして、あとは「空港についてから食べようね」といって引き伸ばします。
出発の1時間くらい前(出来るだけ出発に近い時間)にたっぷりご飯をします。

搭乗前に、市販の風邪薬で子供が眠くなる成分のあるものを飲ませます。
そして搭乗したら静かにしてようね、となでたり手を握ったりします。

これで前日からの疲れと睡眠不足に加えおなかがいっぱいになり、
しかも風邪薬の効果もあって、子供はイチコロです。
この前日からの仕込みによる方法で寝なかったことは一度もありません、お試しあれ!

ついでに、新しいおもちゃや本などを「フライト途中でおきてしまったとき」のために
もっていきます。
しかし決してもっていくところを子供に見られてはいけません。
見られたが最後子供はフライトで寝ずにそれらを要求してきますからね、
あくまで「途中で起きてしまって寝なくなった緊急時用」として
隠し持っていけば大丈夫です!

風邪薬を服用させることについてはまたいろいろ議論があるようですが、
結局のところは個人の判断だと思います。

個人的には、前日から体力を消耗させて、
遅寝早起き+搭乗直前に満腹作戦を採用させて頂こうと思います。
あとは、行きはともかく、帰りですかね…。

体験談等あれば、コメント等でぜひぜひお寄せください。