こんばんは、ETCマイレージの仕組みを未だに理解していない、ETC滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

先日、成田空港から自宅(神奈川県川崎市)へと帰宅する際、高速道路を疾走していました。
一番左の走行車線を時速80キロでかっ飛ばしていたのですが(笑)、ふと電光掲示板を見ると、葛西~有明渋滞30分の文字が…。


その時、時計の針は午後8時半を指していて、これはおそらく夏休み的な某テーマパーク帰りの渋滞だなぁと思ったわけですが、出発時に自宅から成田空港に向かった際は川崎大師にほど近い大師ICから首都高湾岸線を経由して東関東自動車道を通るルートでしたので、同じルートで帰ろうとした場合、ばっちり渋滞にハマることになります。

どうしようかと考えながらしばらく進むと、川崎浮島ジャンクションまでの所要時間が、東京経由で70分、アクアライン経由で60分、と表示されていました。
ということで、宮野木ジャンクションでカーナビの指示を無視し、一路、房総半島を暴走しながら(時速80キロで)、木更津を目指すことにしました。

そこでふと気になったのは、料金のことです。
なんとなく森田健作みたいな人が、土日1,000円じゃなくなってもアクアラインは値上げしない、というようなことを言っていたような記憶はあったのですが、平日だしアクアラインが高かったらどうしよう、と思ってしまいました。
まぁそうは言っても今さらなので、帰宅してから調べよう、と思いました。

そしてそう思ったことをついさっき思い出したので(笑)、「ドラぷら」で調べてみました。

・ドラぷら | 全国高速料金・ルート検索、ETC・割引、渋滞情報、サービスエリア・パーキングエリア情報

経路1:東京回り 2,100円

経路1

経路2:アクアライン経由 3,150円

経路2

なんと、1,000円も差が出てしまいました…。
正直、悲しいです(涙)。

ただ、最後大師ICで降りたとき、「払い戻し金額は、300円です」とカーナビがしゃべっていた気がするので、それが本当なら経路2は2,850円で750円差、ということになります。

というわけで、ETCマイレージがなんなのかは分からずじまいでしたが、また今度調べたいと思います(笑)。
そして次回成田に行くときは、アクアラインはたぶん通らないと思います…。