こんばんは、新幹線大好き、鉄ちゃん滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

飛行機に乗り込んで、飛行機が動き出して滑走路に向かうとき、整備士さんたちが「いってらっしゃ~い!」と言わんばかりに笑顔で手を振ってくれていることがあります。

僕は、そんな手を振ってくれるのを見るのが大好きだったりします。
窓側の席に座ることが多いのは、空の上からの景色を見るのが好きなだけではなく、手を振ってくれる笑顔を見るのが好き、という理由もあるのかもしれません。

さて、まずは、九州新幹線全線開業にあわせて撮影されたコマーシャル映像をご覧頂きたいと思います。


新幹線に向かって手を振る人たちを見ているだけで、なんだか涙が出そうなくらい、感動しました。

九州新幹線の全線開業は、2011年3月12日。
ご存じのとおり、東日本大震災の翌日です。
当然、開業セレモニーは中止され、このCMも放映されることなくお蔵入りになってしまったとのこと。

それでも、口コミでその存在が知られるところとなり、最終的に、「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」で賞を取ったそうです。

Youtubeの動画についているコメントを紹介させて頂きます。

今も厳しい状況が続く、福島県いわき市のものです。
心を打つ「CM」は、理由無く感動を与えてくれます。
だから海外でも評価されたわけだし、なんであろうが「良作のCM-」が出来たことにはかわりありません。

元気をもらう、元気をくれる・・・嬉しいです。
全JR合作の「繋がる日本~南から北へ~」を製作して欲しいです-。そして、全国ネットで流しましょう。
絶対に東北は「復旧」ではなく「復興」してみせる!!

fukahirosystem

一瞬で抜き去られる汽車を必死で追いかけた小学生時代、列車に揺-られての旅行が当たり前だった中学、高校時代。

免許を取り、自分で車を走らせるまでは、当たり前だったことを思-い出すだけでなく、結婚、仕事、高齢とここには人生のすべてが映-しだされている。
そして感謝する気持ちが『ありがとう』の言葉で-一気に蘇り、感動するのでは無いだろうか。

私の他にもいらっしゃるようだが、確かに感動で涙が出るCMは初-めてだ。
ありがとう!

tot00001

そして、これに触発されて、秋田新幹線沿線の一般の方々がTwitter上で呼びかけを行い、全線復旧を果たした秋田新幹線の一番列車に手を振る、というプロジェクトを実行されました。

その映像がこちらです。

車内では、盛岡駅を過ぎたところで、車掌さんからアナウンスが入りました。

「お客様にお知らせいたします。本日、この列車、東京-秋田間、全線開通の一号列車となっております。このため、本日、秋田県内の一般の方々が、この列車に手を振ろうというプロジェクトを行っております。もし、車窓から手を振っている方が見えましたら、振り返していただけましたら、幸いでございます」

車内では歓声が起こったそうです。

沿線で手を振っている人がいると、こまちは汽笛を鳴らしてそれに応えてくれたそうです。
子供のころ、朝早くから近所にあった絶好の撮影スポットへ上野行きのブルートレインを見に行くと、汽笛を鳴らしてシャッターを切る鉄道マニアたちに応えてくれたのを思い出しました。

九州新幹線のCMに比べたら手作り感満載で映像の完成度では劣るかもしれませんが、笑顔で手を振る沿線の住民の方々を見ると、心から、元気をもらったような気がしました。

僕も、今度新幹線を見たら、手を振ってしまいそうです。

・4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクト
・復旧した秋田新幹線を笑顔で迎えよう――Twitterで広がった記念プロジェクト:復興ニッポン いま、歩き出す未来への道