マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です、こんばんは。

今回は、航空関係のニュースを1つ、取り上げたいと思います。
ニュースの内容は、2008年度の空港利用客が4.8%減少した、というものです。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック

空港利用客が4.8%減少 08年度、不況で落ち込み

 2008年度に国や地方自治体が管理する全国96の空港や飛行場を利用した旅客は、前年度比4.8%減の2億4221万人だったことが10日、国土交通省東京航空局と大阪航空局の集計(速報値)で分かった。

 新型肺炎(SARS)が流行した03年度の3.5%減を超える減少幅で、00年度以降では最大の落ち込み。国交省は「燃油価格の高騰や金融危機の影響で国際線を中心に大きく減った。09年度は回復の兆しもあるが、全体では08年度を下回りそうだ」と分析している。

 離島以外の主な空港で減少幅が大きいのは松本(長野県)の34.9%減。日本航空が札幌便と福岡便を減らしたのが要因。日航が撤退した福島は17.1%減、全日本空輸が福岡便を廃止するなどした仙台が11.3%減などとなった。

 一方、旅客数が増えたのは旭川(北海道)で5.5%増。「旭山動物園の人気などもありスカイマークが新規就航した」(旭川市)のが理由。4.2%増の南紀白浜(和歌山県)は「団体客の増加や首都圏での観光PRのため」(同県)、4.1%増の佐賀は全日空の増便が要因だ。〔共同〕

現在、JALはもちろん、ANAも財政的に厳しい状況が続いています。

既にそういった動きが出ていますが、今後さらに地方空港等の不採算路線の整備が進むと思われます。

そうなってくると、さらに空港利用客が減少し、まさに負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。

景気が回復すれば利用客が増える、ということはもちろんあると思いますが、航空業界、航空行政としてできることがまだあるのではないか、と個人的には考えています。

メールマガジン「週刊マイレージニュースヘッドライン」配信中!
無料購読の申込・解除はこちらから → まぐまぐ melma! 独自配信
※まぐまぐやmelmaからのメールが不要な方は「独自配信」での登録をオススメします。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

関連リンク
・NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース-内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで

(money_tec)