マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です、こんばんは。

今回は、前原国交相が橋本大阪府知事との会談の中で明らかにした羽田ハブ化構想について取り上げてみたいと思います。

羽田をハブ空港に=大阪知事と会談-前原国交相

前原誠司国土交通相と大阪府の橋下徹知事は12日、同府泉佐野市内で会談した。席上、国交相は「来年10月に羽田の第4滑走路ができることを契機に、羽田の24時間国際空港化を目指したい」と述べ、羽田空港のハブ(拠点)空港化を進める考えを述べた。
同相は会談後、記者団に対し「日本にはハブ空港がない。結果的に(韓国の)仁川空港になっている」と指摘。国際競争力強化に向けて今後、国際線は成田、羽田は国内線中心としてきた両空港の役割分担の見直しに取り組む意向を示した。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック


前原大臣の指摘の通り、日本の地方空港にとってのハブ空港は韓国の仁川空港になっていると言っていいと思います。

地方空港から成田空港への路線は成田空港の発着枠の関係もあって少ないのが現状です。
つまり、地方空港から海外に出るためには、まず羽田空港まで行き、そこから陸路で成田空港まで(荷物を持って)移動して国際線に乗り換える、といった必要が出てくるわけです。

そうなると、仁川に飛んで仁川から世界に旅立つ、という方が利用者にとっては便利になってきます。
これは日本の航空業界にとっても大きな損失だと思います。

今後、羽田空港がハブ化することになれば、地方空港から羽田、そしてそのまま海外へと飛び立つことができるわけで、これは日本発の国際線の充実につながる、歓迎すべきことだと思います。

一方、気になるのは成田空港がどうなるか、ですが、これは羽田と成田の使い分けをするしかないと思います。

羽田空港を24時間運用のハブ空港とすれば、現在成田空港を利用している国際線が羽田に移ってくることが想定されます。
そうなると、羽田空港の発着料は高騰することが予想される一方、成田空港の発着料は値下がりすることが予想されます。

そうなると、成田空港はLCCと航空貨物が利用し、羽田空港は利便性は高いが運賃もそれなりに高い航空会社が利用する、というような住み分けとなるような方向でこれから進んでいくのではないかと思われます。

いずれにしても、羽田の拡充は日本の航空業界の起死回生の一手になり得る好判断だと思います。
いろいろと利害関係はあると思いますが、関係者間での議論を尽くして実現を目指して欲しいと思います。

メールマガジン「週刊マイレージニュースヘッドライン」配信中!
無料購読の申込・解除はこちらから → まぐまぐ melma! 独自配信
※まぐまぐやmelmaからのメールが不要な方は「独自配信」での登録をオススメします。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

関連リンク
時事ドットコム:羽田をハブ空港に=大阪知事と会談-前原国交相

(money_tec)