こんばんは、ジョージ滝川です。

今回は、読者のちゃなさんからメールで情報を頂きました、スターフライヤーが2009年から開始予定の機内携帯電話サービスについて紹介したいと思います。

ちゃなさんありがとうございました。

さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック

飛行中も携帯通話OK スターフライヤー、09年春にも

新規航空会社のスターフライヤー(北九州市)は、飛行中の機内で乗客が携帯電話を利用できる新サービスを09年春にも導入する計画を明らかにした。現在、法規制で機内では携帯電話の使用が禁止されているため、同社は国などに規制の緩和を働きかける。実現すれば、国内初のサービスになる見込みだ。

国土交通省によると、携帯など電子機器の機内使用が運航に影響した可能性がある例は06年に国内航空会社から22件報告された。スター社のエアバスA320機の最新型は翼や座席画面を制御する銅線の代わりに光ファイバーを使っているため、携帯の電波が計器などに与える影響が非常に小さい。同様の機体を使う欧州などの一部航空会社は、携帯の機内使用を始めている。

上空では、人工衛星を介して地上の携帯電話基地局と通信する。スター社の堀高明社長は「インターネットも使えるようにしたい」と話す。

スター社は06年3月に参入。羽田―北九州、羽田―関西に1日計15往復便を就航させている。

少し前に、飛行機が離陸しようとしたら計器に異常が発見されて引き返し、結局原因は乗客の携帯電話の電源が入っていたから、なんてニュースがありましたが、最新型の飛行機であればこういったトラブルもなくなるのでしょうか。

個人的には、機内で隣の人が携帯電話で話し始めたりしたら嫌ですが、機内でメールやインターネットができるようになるといいなぁと思います。

ところで、心臓ペースメーカー等の医療機器への影響がある可能性があるとのことで、電車の優先席付近では携帯電話の電源を切るように、とのアナウンスをよく聞きますが、飛行機でも、携帯電話使用可能席と不可能席とを分けたりするのでしょうか。

また、利用できる携帯電話キャリアはどこになるのか、そもそも携帯電話の利用をどういった形で認めるのか等、興味は尽きません。

メールマガジン「週刊マイレージニュースヘッドライン」配信中!
無料購読の申込・解除はこちらから → まぐまぐ melma!

☆さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・asahi.com:飛行中も携帯通話OK スターフライヤー、09年春にも – 暮らし(引用元)

関連記事
・KLMオランダ航空:飛行機の座席からeメール

(money_tec)