こんばんは、久しぶりに冬の北海道に来た観光客、ツーリスト滝川@マネテク!です。

ブログの記事にも書いた通り、子どもたちに雪遊びをさせるためにスキー場を訪れたのですが、一つ悩んだのが、服装です。
スキー場には更衣室があるだろうし、ホテルからスキーウェアを着ていくのもちょっと変かなぁ?と直感的に思った次第です。

image

結論:ホテルから着ていくことをオススメ

というわけでいきなり結論ですが、ホテルから電車、バスを乗り継いでスキー場に行く場合は最初からスキーウェアを着て行くことをオススメします。

電車やバスの車内は暑くない

最初、電車やバスの中で暑すぎるのではないか、と思いましたが、はっきり言って問題ありません。
当たり前ですが、車内でTシャツ1枚で快適に過ごせるような温度設定にはなっていないですし、外が寒すぎて無理です(笑)。

スキーウェアを着ていても、浮かない

また、普段着の人々が乗っている電車やバスでスキーウェアを着ていたら浮いてしまうのではないか、とも思ったのですが、たまにスキーウェアを着ている人を見かけますし、自然になじんでいるように感じましたので問題ありません。
ただし、バブル時代のスキーウェアだと違う意味で浮くかもしれません(笑)。

着替えのスペースがないケースも

特に子どもの雪遊び、というようなケースだと、スキー場の一角にはあるものの、立派なロッジはないこともあります。
そうなると、荷物は最小限にして、現地で着替えなくてもいいようにした方が得策です。

まとめ:スキーウェアを着ていって全然OK

というわけで、札幌・電車バスでスキー場へ ホテルからスキーウェアを着て行くべき?の結論は、スキーウェアを着ていくべき(除くバブル)、スキーウェアを着ていって全然OKでした。
わが家と同様に、観光で札幌を訪れてスキー場に行くような場合は、よろしければ参考にされてください。

今日のマネテクポイント

札幌には、観光客でも電車やバスを乗り継いで簡単にアクセスできるスキー場がいくつもあります。
次回は雪遊びではなく、スキーを楽しみたいです!